タレントパレットの評判・導入効果は?主な機能や料金も紹介

タレントパレットにはどのような機能があるの? 料金はいくら?
タレントパレットの特徴と導入するメリットを知りたい!

タレントパレットは多機能なタレントマネジメントシステムです。特に分析機能が優れており、他の製品と比較して抜きん出ています。

この記事ではタレントパレットのおもな機能やプラン・料金について解説します。

また、導入企業の評価も踏まえながらタレントパレットが向いている企業・向いていない企業についても説明するので、参考にしてください。

 

タレントパレットとは?導入事例と評判を紹介

タレントパレットはどのようなシステムなのでしょうか?

実際にどのような企業が導入しているのか見てみましょう。

導入企業の担当者や、導入を見送った企業の担当者からの評判も紹介します。

タレントパレットの評判は?

タレントパレットを導入しているのは、社員数が数百名の企業から1万人を超える企業までさまざまですが、競合製品と比較して大企業に好まれる傾向があるようです。

具体的な導入企業としては、Yahoo! JAPAN、カルビー、パナソニック、ZOZO、日本テレビ、ミクシィ、オプト、LIFULLなどがあげられます。

導入企業の事例はタレントパレットの公式サイトでも紹介されているので、そちらも参考にしてみてください。

タレントパレット公式サイト「タレントパレット導入事例」

タレントパレット導入した企業の声

導入担当者に聞いたタレントパレットの評判を紹介します。

【導入担当者の評判】

タレントパレットを導入したことで、プロジェクトリーダーが自ら条件に合った社員を検索し抜擢できるようになりました。

希少な資格を保持しているのに影に隠れていた社員などにも光が当たるようになったのが良かったと思います。

不満は社内のデータベースと情報共有がしにくいことですね。

(メーカー  1000人以上 人事)

タレントパレットは主要なタレントマネジメントシステムの中で分析力がNo.1だと思います。

テキストマイニングを活用し、アンケートの回答などから退職リスクが高い社員を分析できます。

ハイパフォーマー分析や最適な人材配置のレコメンド機能も備わっており、高度な分析をしたい企業に向いていると思います。

(情報通信 1000人以上 人事)

【導入を見送った導入担当者の評判】

機能が多すぎて使いこなせないと思いました。

自動分析機能がどのようなロジックで行われているのかがわからないので、従業員に説明できない点もネックに感じました。

(オンライン営業システム 200〜300人 経営企画室)

タレントパレットは大手で安心感がありました。機能が一通り揃っていて、見やすさも一番だと感じました。

最終的には、自社の評価制度との相性から別の製品に決めました。

(Webメディア 200〜300人 人事)

タレントパレットが向いている企業、向いていない企業

タレントパレットは多くの企業で導入されていますが、自社に合っているかどうかは慎重に見極めなくてはいけません。

向いている企業

次のような企業はタレントパレットが向いているといえるでしょう。

【向いている企業】

  • 多様な機能を求める企業
  • 分析機能を重視している企業
  • 大手企業

タレントパレットは機能の網羅性が高く、社員の情報管理、評価制度の運用、人材分析、適切な人材配置、採用管理の全てをカバーできます。

特に分析機能が優れているので、社員や組織のデータを細かく分析したい企業におすすめです。

大手企業のように社員数が多いと分析のための十分なデータがとれるため、隠れた優秀人材の発掘や最適な人材配置などの目的で効果的に活用できるでしょう。

向いていない企業

次のような企業にはタレントパレットは向きません。

【向いていない企業】

  • 評価制度の構築や人材データの管理がおもな目的の企業
  • 社歴が浅く社員数が少ない企業

人事評価制度を一から構築したい企業であれば、評価項目がテンプレートで用意されているHRBrainやHRMOSなどの方が適しているでしょう。

人材データの管理がおもな目的である場合には、タレントパレットだと機能が過剰になってしまうため費用対効果が低くなります

たとえば、カオナビであればデータベース機能に特化したプランが用意されているので、このような製品を検討してみると良いでしょう。

社歴が浅く社員数が少ない企業だと分析のための十分なデータがないため、分析機能を強みとするタレントパレットの導入効果は低くなってしまいます。

タレントパレットのプランと料金

続いてタレントパレットのプランと料金について解説します。

タレントパレットのプランは1つです。

プラン料金は社員数によって変わります。また、プラン料金の他に初期費用が発生します。

詳細な金額については問い合わせて確認する必要があります。

2019年5月頃にタレントパレットを検討したときは、初期費用が25万円程度、月々の料金が14万円ほどでした。

(Webコンサルタント、100〜200人、人事責任者)

タレントパレットにはオプション機能や導入支援のコンサルティングサポートも用意されています。

それぞれ追加料金が発生するので担当者に事前に確認しましょう。

タレントパレットの特徴

タレントパレットのおもな特徴は以下の3点です。

  1. 機能の網羅性が高い
  2. 分析機能が優れている
  3. 設定の自由度が高い

機能の網羅性が高い

タレントパレットには、人材データベース、評価制度の運用、人材情報分析、採用管理など、タレントマネジメントに関するさまざまな機能が備わっています。

機能の網羅性はタレントマネジメントシステムの中でもトップクラスといえます。

すべての機能を使いこなすのは大変ですが、多角的な視点からタレントマネジメントが行えるでしょう。

分析機能が優れている

タレントパレットは分析機能が強みです。

ハイパフォーマー分析、エンゲージメント分析、マインド分析、キャリア分析、テキストマイニングなど、社員や組織をさまざまな角度から分析できます。

うまく活用することで、適材適所の人材配置優秀人材の発掘社員の育成離職防止などにつなげていけます。

設定の自由度が高い

タレントパレットは設定の自由度が高く、人事評価の項目などをカスタマイズできます

評価項目の採点比重なども調整できるので、自社独自の人事評価制度をシステム上で再現しやすいでしょう。

タレントパレットの注目機能

次にタレントパレットの機能を、「人材データ管理」「人事評価」「人材データ分析」「離職防止」「採用管理」の5つの用途別に解説していきます。

①社員の多様な情報を一元で管理する機能

社員の人材データ管理に関するおもな機能としては、「複数データ蓄積」「時系列データ蓄積」「ユーザーレポート」があげられます。

複数データ蓄積、時系列データ蓄積

社員の性格、スキル、資格、評価、モチベーションなど、さまざまなデータを集めて時系列で表示できます。

社員の基本情報が簡単にチェックできるので、情報収集や情報管理の作業負担を減らせます

社員ダッシュボード
出典:タレントパレット公式サイト「タレントパレットの主な機能」(https://www.talent-palette.com/function/

ユーザーレポート機能

あらかじめ作成したフォームの形式に合わせて、社員情報を帳票として出力できます。

人事評価シートや職務経歴書として出力する際に便利な機能です。

社員情報の帳票
出典:タレントパレット公式サイト「タレントパレットの主な機能」(https://www.talent-palette.com/function/

仕事の成果やプロセスを適切に評価する機能

人事評価に関する機能には、「1on1」「360度評価」「甘辛調整」「評価分布」などがあります。

1on1

部下と上司の1on1(面談)記録をテキストで記録し蓄積できます。

上長が部下の仕事の状況や目標の達成度をチェックしフィードバックできるで、社員の成長支援にも有効です。

1on1機能
出典:タレントパレット公式サイト「タレントパレットの主な機能」(https://www.talent-palette.com/function/

360度評価

本人や直属の上司だけでなく、同僚や部下などさまざまな立場の人の評価を踏まえることで、公正な人事評価が可能になります。

人事評価に対する社員の不満解消にもつなげられるでしょう。

360度評価
出典:タレントパレット公式サイト「タレントパレットの主な機能」(https://www.talent-palette.com/function/

甘辛調整

人事評価に対する不満は、評価者によって評価基準にばらつきが出てしまうことが原因の1つです。

個別評価を行った後に職種や等級などに応じた調整を行うことで、評価者による評価結果の偏りをなくせます

評価分布

社員の属性や評価ランクごとにデータの集計や分析が行えます。

たとえば、部署ごとの評価のばらつきをチェックするなどの目的で利用できます。

評価分布
出典:タレントパレット公式サイト「タレントパレットの主な機能」(https://www.talent-palette.com/function/

優秀な人材を発掘し、適切な人材配置を行う機能

組織の生産性を高めるためには、社員のスキルや経験に応じて人材配置を行ったり、優秀な社員を見極めたりすることが重要です。

それらを実現するための機能として、「ハイパフォーマー分析」「タスクフォース」「自動配置(AI)」などがあります。

ハイパフォーマー分析

成果あげている社員と他の社員のデータを比較し、ハイパフォーマーに共通するスキル特性を分析します。

活躍する社員の特徴が把握できれば、採用や人材育成にも役立つでしょう。

ハイパフォーマー分析
出典:タレントパレット公式サイト「タレントパレットの主な機能」(https://www.talent-palette.com/function/

タスクフォース

人員要件(タスク期間、必要人数、スキルなど)を設定すると、合致した社員がピックアップされます。

プロジェクトや業務の内容に応じて最適人材を抜擢できるので、社員はスキルや能力を発揮しやすくチームとしては目標の達成確率を高めていけるでしょう。

チーム編成にかかる工数を削減し、人材配置に失敗するリスクも減らせます。

自動配置(AI)

社員の情報をもとにAIがそれぞれの部署やチームの要件に合った人材をピックアップ。適材適所の人材配置に役立つ機能です。

組織編制にかかる工数と時間を削減できます。

社員のコンディションを管理し離職を防止する機能

社員の仕事に対するモチベーションが低下すると、退職につながりやすくなります。

採用や育成にかけたコストが無駄になってしまうのは避けたいですよね。

タレントパレットには、「エンゲージメント分析」「労務負荷分析」「離職防止分析」といった離職を防止するための機能が備わっています。

エンゲージメント分析

エンゲージメントとは、社員が会社に対して抱く愛着心やこだわりを指します。

タレントパレットでは、社員同士のサンクスポイントのやりとりからコミュニケーションの状況を見える化し、エンゲージメントを高めるための施策を検討できます。

エンゲージメント分析機能
出典:公式サイト「タレントパレットの主な機能」(https://www.talent-palette.com/function/

労務負荷分析

過度な業務負担は離職につながる要因の1つです。会社として適切に管理しなくてはいけません。

労務負荷分析の機能を使えば、社員の勤務時間やモチベーションの変化を分析し、労働環境に問題がある社員を把握できます。

残業時間が超過すると自動アラートメールが送信されるので、労務管理に活用できます。

労務負荷分析機能
出典:公式サイト「タレントパレットの主な機能」(https://www.talent-palette.com/function/

離職防止分析

過去の離職者のデータを分析することで、離職の可能性がある社員を早期に把握できる機能です。

会社を辞める可能性が高い社員に対しては個別にケアを行うなどの対応がとれるので、離職率の低下につながるでしょう。

離職者分析機能
出典:公式サイト「タレントパレットの主な機能」(https://www.talent-palette.com/function/

⑤データ分析によって採用の質を高める機能

タレントパレットは採用管理も行えるのが特徴です。

おもな機能として、「採用プロセス管理」「ミスマッチ防止」「テキストマイニング」を紹介します。

採用プロセス管理

マイページ作成、適性検査の実施、メッセージのやり取り、面接評価管理などの採用業務を一元で管理。

候補者のエントリーから採用までをスムーズに行えます

採用プロセス管理機能
出典:タレントパレット公式サイト「タレントパレットの主な機能」(https://www.talent-palette.com/function/

ミスマッチ防止

過去に離職した社員の適性検査のデータから、離職する傾向にある社員の特性を抽出

採用候補者の適性検査結果と照らし合わせることで、ミスマッチを防止できます。

テキストマイニング

履歴書の志望理由や自己PR、面談記録などのテキストデータを分析し、会社にマッチした人材であるかを見極められる機能です。

過去の内定承諾者や内定辞退者のデータと比較もできるので、採用の精度を高めていけるでしょう。

テキストマイニング機能
出典:公式サイト「タレントパレットの主な機能」(https://www.talent-palette.com/function/

他のタレントマネジメントシステムとの比較

最後に、タレントパレットと他のタレントマネジメントシステムを比較してみましょう。

タレントパレットカオナビ HRBrainHRMOS
プラン料金要問い合わせ要問い合わせ7万6780円〜
(月額)
要問合せ
無料体験ありありありあり
他製品との連携SmartHR
オフィスステーション
Slack
SmartHR
給与奉行クラウド
AKASHI
SmartHR
slack
評価制度の構築
設定の自由度(カスタマイズ性)
データベース機能
評価管理機能
分析機能
採用管理機能
※表内はすべて税込価格です。
※◎〇△編集部評価

繰り返しになりますが、タレントパレットは他製品と比べて分析機能が充実しています。

さらに、他製品にはない「採用管理機能」が備わっているなど、機能の網羅性が高くタレントマネジメントに関する業務を一通り行えます

また、カスタマイズ性が高いため、自社の人事評価制度を再現しやすいでしょう。

気になるプラン料金ですが、他社製品と比較して突出して高いわけではありません

ただし、社員の人材データ管理や人事評価制度の運用だけが目的だと、使わない機能が多くなり費用対効果が低くなるので慎重に検討しましょう。

関連製品記事

タレントパレットの基本情報

タレントパレットは、クラウド型(インターネット上でサービスを利用できる仕組み)のタレントマネジメントシステムです。

導入することで、「人材データ管理」「評価制度の運用」「人材の適所配置」「社員育成」「離職防止」などに関する課題の解決が見込めます。

タレントパレット公式サイト画像
</出典:タレントパレット公式サイト(https://www.talent-palette.com/

タレントパレットを運営しているのは、株式会社プラスアルファ・コンサルティング。

データ分析を強みとし、ネットリサーチやテキストマイニングなどのサービスを提供している企業です。

そのため、タレントパレットも分析機能が充実したシステムとなっています。

サービス提供企業株式会社プラスアルファ・コンサルティング
代表者代表取締役社長 三室克哉
設立年2006年12月
資本金1000万円
本社住所〒105-0013 東京都港区浜松町1-18-16 住友浜松町ビル 6F
コーポレートサイトURLhttps://www.pa-consul.co.jp/

まとめ

タレントパレットは機能の網羅性が高く、分析機能に優れたタレントマネジメントシステムです。

条件に合った社員を選出しプロジェクトメンバーに任命したり、優秀人材の特性を分析し育成や採用に活かしたり、社員のモチベーションを管理し離職しそうな社員をケアしたりなど、多様な使い方が可能です。きちんと目的意識を持って導入をすれば満足度の高いシステムです。

自社の課題をしっかりと洗い出し、目的に合わせた利用を検討してみましょう。

上に戻る