kincone|打刻と交通費精算が同時に可能な勤怠管理システム

※この記事は「ダイヤモンド働き方研究所」から移管されました。

kinconeの評価

総合評価(3.44)
ユーザー評価(3.41)
メジャー度(3.47)

kinconeの特徴

「kincone」キャプチャ

勤怠管理と同時に交通費の精算もできるというのがこのサービスのウリ。出勤/退勤時に交通系ICカード/定期券を会社のカードリーダーにタッチすると、勤怠打刻と同時に利用した交通機関の情報も同時にクラウドに取り込まれます。電車・バスの運賃はルートや料金の確認が面倒臭く、精算申請も遅れがちになります。こまめに情報が記録され申請の準備ができていると便利ですね。

ただ、ICカードを使わない支払いについては別に精算処理が必要です(交通費以外の経費精算やワークフローには連携性の良いkintoneを併用している会社が多い)。カードリーダーは専用端末でなくてもOKです。ipod touchやiPhoneなどのiOS端末とFelicaカードリーダーをBluetooth接続するか、NFC機能付きのAndroidスマートフォンを事務所に設置すればいいので初期投資も抑えられます。当サイトの利用者アンケートでは総合11位でした。

料金・プラン

●ライト……月額利用料200円✕人数

※kintone連携を行う場合はkintoneスタンダードコースの契約が必要

主な機能

ICカード打刻スマホアプリ
申請・承認×生体認証×
スマホ打刻(GPS)シフト管理×
集計レポート機能残業アラート(36協定)
Web打刻給与計算ソフト連携
対応 一部対応 オプション なし 不明

【その他機能】

  • チャットツール打刻
  • 固定時間制・フレックスタイム制・裁量労働制・時短勤務制に対応
  • 交通費精算機能
  • 英語表記

「ここがOK」「ここがダメ」ユーザーの声

【ポジティブな口コミ】

◆今まで勤怠と交通費の集計にかかっていた膨大な時間を大幅に短縮できた。料金も手頃で導入しやすかった。旧型のiPhoneを共用のカードリーダーとして入口に置いている。

◆モバイルスイカがICカードとして使えるのが便利。ポケットの中が軽くなった。

【ネガティブな口コミ】

◆不具合で問い合わせをしたときに対応があまりよくなかった。

◆Suicaの読込件数に限度がある。出張などでICカードを使わない勤怠打刻が数日も続くと、交通履歴の読込上限を超えてしまい情報が取り込めなくなる。

◆当社は地方で自家用車通勤や営業車移動が多いので、交通費が精算できるメリットはなかった。都市部で電車通勤者が多い会社ならいいのかもしれないが…

会社概要

kinconeロゴ画像
会社名株式会社ソウルウェア(Soulware Co. Ltd.)
代表者名吉田超夫
所在地〒171-0021
東京都豊島区西池袋1-11-1 メトロポリタンプラザビル14F設立年月2012年12月3日
URLhttps://www.kincone.com/

このサービスを掲載している記事

上に戻る