導入企業に聞いた!「おすすめの採用管理システムはどれ?」

採用管理システムは、どれを導入したらいいの?
おすすめの採用管理システムを教えて!

今や採用現場のマストツールである採用管理システム。しかし「どの採用管理システムがおすすめ?」と聞かれても、向き・不向きがあり一様に答えられません。

そこで導入企業の担当者に、おすすめの採用管理システムを伺いました。これらの意見を参考に最適な製品を探してみましょう!

記事の目次

採用管理システム選び方アイキャッチ

採用管理システムの選び方はこちらの記事で紹介しています

【専門家監修】採用管理システムを徹底比較|選び方と導入事例も紹介

【編集部おすすめ】採用管理システムの選び方フローチャート

選び方フローチャート

採用管理システムにはさまざまな製品があり、採用現場によって向いている製品・向いていない製品があります。

製品選定をする際、まず確認しないといけないのは「自社の採用目的とマッチしているかどうか」。特に「中途採用」なのか「新卒採用」なのかという点です。

例えば、新卒採用で導入するならLINE連携はマストです。大学生の多くは、LINEをコミュニケーション手段の中核としており、採用に関わる連絡も電話やメールに代わって「LINE」が当たり前です。

一方、中途採用ではLINE連携はマストではありません。重視すべきは「リクナビNEXT」や「マイナビ転職」、「ビズリーチ」といった、中途採用向けのサービスとの連携でしょう。

その上で「豊富な機能を求めるのか」「シンプルな使い勝手を求めるのか」あるいは「コストを重視する」のか。こうした判断基準により、マッチしている製品の性格が見えてきます。

フローチャートは、こうした判断基準と製品の特性を照らし合わせ、得意分野ごとに分けています。自社の状況と合わせて、導入する製品の目星をつけておきましょう。

スタートアップ企業や全員採用体制の企業におすすめ!「HERP Hire」

HERP Hireのキャプチャ
出典:「HERP Hire」公式サイト https://herp.cloud/

「HERP Hire」の製品概要

  • 「doda Assist」「Findy」など複数の求人媒体と連携可能 
  • Slack、Chatwork、SmartHR、カオナビ、人事労務freeeなどと連携可能
  • 採用ダッシュボードはオプション
料金0円から利用可能。採用規模に応じて見積もり
機能の網羅性
データ分析
LINE連携
運営会社株式会社HERP
公式サイトhttps://herp.cloud/

「HERP Hire」をおすすめするのはこの方!

山田康太さんプロフィール写真

山田 康太さん

【経歴】2014年に食品メーカーに入社後、2016年に人材大手のリクルートキャリア(現リクルート)に入社し中途メディアの営業に従事。その後DMM.comにて子会社スタートアップ数社の人事職を経験し、教育系のスタートアップと消費財メーカーにて人事職。主に採用を中心に、制度設計や人事企画などに携わる。

「HERP Hire」はどんな会社におすすめ?

  • スタートアップ企業
  • カジュアルな雰囲気の企業
  • 社員全員で採用に取り組んでいる企業
山田さん

「HERP Hire」は社員全員で採用に取り組む企業にとっては、非常に優れた採用管理システムです。特に、向いているのは20~30人規模のスタートアップ企業。このくらいの会社規模だと、人事担当者がいないというケースも少なくありません。

「HERP Hire」は全員で採用活動に取り組むので、専任担当者がいなくても採用活動を円滑に行えるでしょう。

「HERP Hire」のおすすめポイント!

  • UI・UXがシンプルで使いやすい!
  • タイムラインで表示されるので会話的なログが残る
  • Slackやチャットワークとの連携も可能
山田さん

さまざまな採用管理システムを使ってきましたが、その中でも個人的に一番使いやすかったのが「HERP Hire」。UI・UXはシンプルで、ログもタイムライン形式で残せるので、操作に迷いません。Slackやチャットワークとも簡単に連携できるのもうれしいポイント。採用現場のコミットメントが上がり、結果的に内定承諾率も高くなりました。

「HERP Hire」の改善ポイントは?

  • 権限管理機能が充実していない
山田さん

「HERP Hire」を使っていて気になったのは、権限管理機能が少ない点。採用に関わる人全員がほぼすべての情報を閲覧可能になるので、権限付きで特定の人だけに情報を送る、ということは基本的にできません。オープンな社風であればむしろメリットですが、権限を細かく設定して運用したい会社には不向きかもしれません。

採用管理システムの初心者におすすめ「HRMOS採用」

HRMOS採用のキャプチャ
出典:「HRMOS採用」公式サイト https://hrmos.co/ats/

「HRMOS採用」の製品概要

  • 面接の日程調整や人材紹介会社とのやりとりなど、採用に関する全ての業務がシステム内で完結
  • 応募者一人ひとりの、応募から入社までのデータを「タレントプール」として蓄積可能
  • 経歴、評価、連絡履歴のデータを候補者ごとにまとめられる
  • ビデオ会議ツール「Zoom」「Google Meet」との連携により、オンライン採用に対応
料金要問い合わせ
機能の網羅性
データ分析
LINE連携
運営会社株式会社ビズリーチ
公式サイトhttps://hrmos.co/ats

「HRMOS採用」をおすすめするのはこの方!

織田優子さんプロフィール写真

織田 優子さん

【経歴】株式会社ビズリーチにて、企業の採用サポート業務に従事。中途採用に携わったことをきっかけに、エンジニアの業務やプロダクト開発のプロセスへの理解を深める。2020年からは株式会社ジーニーにて、中途採用担当としてエンジニア採用を中心にコーポレートからビジネスサイドまでキャリア採用を担当する。

「HRMOS採用」はどんな会社におすすめ?

  • 担当者のITリテラシーが高くない企業
  • 採用ページを充実させたい企業
織田さん

担当者のITリテラシーが低く「新しいシステムを使いこなせるのか…」という不安があるなら、HRMOS採用はおすすめです。専任担当がついて導入・運用のサポートしてくれますし、カスタマーサービスにはチャットボット機能もあります。初めて採用管理システムを使う企業にとって、こうした手厚いサポート体制はとても心強いでしょう。

また、求人ページの作成も簡単で、画像や動画の編集もHRMOS採用上で行えます。求人表を作成すれば、エージェントに自動的に公開されるので工数も大幅に削減できます。

「HRMOS採用」のおすすめポイントは?

  • 求人サービスとの連携ができ特に「ビズリーチ」との親和性が高い
  • 採用業務の一元管理がとても行いやすく、リファラル採用にも対応
織田さん

HRMOS採用はさまざまな求人媒体と連携が可能で、特に運営会社が同じ「ビズリーチ」との親和性は抜群です。例えば、HRMOS採用管理上で求人情報を公開すると、ビズリーチから自動的に条件にあった人材をレコメンド(提案)してくれます。

また、リファラル採用(自社社員推薦)の管理にも対応。どの採用管理システムも採用業務の一元管理は基本的な機能ですが、実はリファラル採用(自社社員推薦)まで対応している製品はあまり多くありません。カスタマイズ性も高く、運用方法に合わせて調整しやすいところもおすすめポイントです。

「HRMOS採用」の改善してほしいポイントは?

  • 海外エージェントに対応していない
  • 面接官から見て権限管理がわかりにくい
織田さん

さまざまな採用形態に対応している「HRMOS採用」ですが、基本的には国内向け。グローバルに人材募集をしたくても、海外エージェントまでは対応していません

また、権限管理の面では、管理者権限のある人にとっては扱いやすいですが、面接官の立場になるとどのように権限管理となっているのか、わかりにくいというデメリットがあります。

採用が通常業務を圧迫して困っているなら「リクナビHRTech採用管理」

リクナビhrtechのキャプチャ
出典:「リクナビ HRTech 採用管理」公式サイト https://hrtech.rikunabi.com/ats/

リクナビ HRTech 採用管理」の製品概要

  • 利用料が無料
  • 人材紹介エージェントごとの内定者数など簡易的な集計は行える
  • SNS連携、タレントプールなどの機能がない
  • リクルートの採用ノウハウを利用できる
料金無料
機能の網羅性△※外部ツールとの連携などは不可
データ分析△※簡易分析は可能
LINE連携
運営会社株式会社リクルート
公式サイトhttps://hrtech.rikunabi.com/ats/

「リクナビHRTech」をおすすめするのはこの方!

金居宗久さん

金居 宗久さん

【経歴】朝日アーサーアンダーセン株式会社(現PwCコンサルティング合同会社)に入社。GCDF-Japanキャリアカウンセラー取得や起業等を通じて、東証一部上場からスタートアップ企業向けに経営コンサルティングや受託開発事業を展開。株式会社クラウド人材バンクを創業し、代表取締役に就任。早稲田大学卒。

「リクナビHRTech採用管理」はどんな企業におすすめ?

  • 1日に何通も採用連絡の確認に追われている企業
  • 採用担当者がいない小規模企業やスタートアップ企業
金居さん

規模が小さい企業やスタートアップ企業では、通常業務と並行して採用に関わる業務も行わなければなりません。いくつかの採用エージェントに相談していますが、採用の連絡はメールやLINE、Facebookなどから1日に何通も送付されてきます。応募者のデータはzipファイルに添付されて送られるので、内容を確認するのにも手間がかかります。内容を確認した上で返信していると、その他の通常業務にも影響が少なからず出てきます。そこでリクナビHRTech採用管理の導入により、採用エージェントからの連絡はツール上で一括管理でき、確認と返信も格段に楽になりました

「リクナビHRTech 採用管理」のここがおすすめ!

  • 無料なので“とりあえず”感覚で導入できる
  • メモやステータス管理機能が便利
金居さん

リクナビHRTech採用管理は、完全無料です。従って「とりあえず、なんでもいいから採用管理システムを導入しないと!」という時の選択肢としておすすめ。採用管理システムのありなしでは採用管理に関わる負担はぜんぜん違います。無料ですが、メモやステータス管理機能もあり利便性も十分です。

「リクナビHRTech」の改善してほしいポイントは?

  • 日程調整機能の使い勝手がイマイチ
金居さん

応募者との面接設定といった日程調整には改善の余地があるかと思います。常日頃から打合せが多く、それらの日程調整にはかなりの工数が割かれるため、日程調整ツールを活用しています。しかし、それらとの連携ができないとなると手間になるので、その辺りが改善されると、もっと使いやすくなると思います。

複雑な採用プロセスも一元管理可能!「HRMOS採用」

HRMOS採用のキャプチャ
出典:「HRMOS採用」公式サイト https://hrmos.co/ats/

HRMOS採用」の製品概要

  • 面接の日程調整や人材紹介会社とのやりとりなど、採用に関する全ての業務がシステム内で完結
  • 応募者一人ひとりの、応募から入社までのデータを「タレントプール」として蓄積可能
  • 経歴、評価、連絡履歴のデータを候補者ごとにまとめられる
  • ビデオ会議ツール「Zoom」「Google Meet」との連携により、オンライン採用に対応
料金要問い合わせ
機能の網羅性
データ分析
LINE連携
運営会社株式会社ビズリーチ
公式サイトhttps://hrmos.co/ats

「HRMOS採用」をおすすめするのはこの方!

田爪 亮範さんプロフィール写真

田爪 亮範さん

【経歴】教育系事業会社において、現在は「海外現地法人の副社長」兼「グローバル事業の戦略部門の責任者」。経営企画、事業企画を中心にキャリアを歩み、ホールディングス社長室長、変革推進部長等を担当。主に生産性向上観点で、各種ツールの見極めを行っている。

「HRMOS採用」はどんな企業におすすめ?

  • 採用に関わるレイヤーが複雑な企業
  • 採用数がそれなりある企業
田爪さん

HRMOS採用を使ってみて、まず思ったのは、採用の途中経過を大勢の人で簡単に共有できる、という点です。会社規模によっては採用に関わる人も多く、レイヤーも複雑にわかれています。HRMOS採用は、細かく権限管理もできるので、採用プロセスが複雑であれば複雑であるほど、導入価値の高いシステムだと思います。

「HRMOS採用」のおすすめポイントは?

  • 採用現場の方針に合わせて自在な運用ができる
田爪さん

HRMOS採用にはさまざまな機能がありますが、すべての機能を使わないと運用できないわけではありません。むしろ、機能の取捨選択をすることで、その現場に合った運用ができます

例えば、面接基準を標準化する評価項目は詳細に設定できますが、詳細にすべて記入するのか、あるいは結論だけを共有するのか。どちらが合っているかは現場によって違うでしょう。詳細に記入すれば面接基準は一定になります。しかし、中途採用では現場の人が「一緒に働きたいと思ったか?」という主観も大切なので、私は必ずしも基準を定める必要はないと考えています。すべての機能を使うのではなく、むしろ使わないことで現場に最適化した運用が可能になるのです。

「HRMOS採用」の改善してほしいポイントは?

  • リマインド設定を個人レベルで設定したい
田爪さん

これは私の場合ですが、リマインド連絡をしつこく感じます。明後日やろうと思っていたのに、1日に2回くらいリマインドがきます。作業のリズムは、それこそ人それぞれなので、リマインド頻度を個人レベルで設定できるといいすね。また、締め切りを設定し、期日が近づいてきたらプッシュが強くなる、といった機能があるとさらにいいなと思いました。

新卒に強くて使いやすさ重視!「採用一括かんりくん」

採用一括管理くんのキャプチャ
出典:「採用一括かんりくん」公式サイト https://www.career-cloud.asia/

採用一括かんりくん」の製品概要

  • 採用業務に合わせて必要な機能だけ使えるリーズナブルなプランがある
  • 評価分析、歩留まり分析ができる
  • SlackやChatworkに通知する機能あり
  • LINE連携に対応しており新卒採用でも使いやすい
料金2万円/月~
機能の網羅性△※タレントプール機能などはなし
データ分析
LINE連携
運営会社HR クラウド株式会社
公式サイトhttps://www.career-cloud.asia/

「採用一括かんりくん」をおすすめするのはこの方!

石川雄大さんプロフィール写真

石川 雄大さん

【経歴】2016年6月インターンとしてキュービック入社。インターン時代から営業、マーケティング、採用に携わる。2020年4月新卒社員としてキュービック入社後は、新卒・インターン採用の責任者となり、内定者の育成も担当する。

「採用一括かんりくん」はどんな企業におすすめ?

  • 採用現場のITリテラシーに不安がある企業
  • 新卒採用をこれからスタートする企業
石川さん

採用一括かんりくんを導入した決め手は、ずばり使いやすさ。管理画面はシンプルですし、次のフェーズに移行すれば視覚的に把握できます。弊社では、採用業務に大学生インターンも携わるのですが、経験値の低いインターンでも操作に迷いません。また、課題や問題が発生しても、すぐに発見と相談ができる運用体制の構築にも一役買っています。これから新卒採用体制を整えていく企業、さまざまな人が採用業務に携わる企業には、おすすめの採用管理システムです。

「採用一括かんりくん」のおすすめポイントは?

  • LINEに対応している
  • AWSなのでサーバーが落ちにくい
石川さん

新卒採用で使うので、LINE連携はマスト機能でした。大学生との連絡はLINEが主流で、これができないと新卒採用で他社に大きく遅れをとってしまいます。また、ツールを選ぶ際、使いやすさはもちろんですが、実はサーバーの落ちにくさも重要なポイント。SaaS製品はサーバーが停止すると復旧するまで使えなくなり、タイミングによっては致命傷になりかねません。この点、採用一括かんりくんはAWS(Amazon Web Services)なので、比較的サーバーが落ちにくいという安心感があります。

「採用一括管理くん」の改善してほしいポイントは?

  • タレントプール機能がない
石川さん

弊社の場合、インターン採用を行っていることもあり、タレントプール機能があるとよりよいと思いました。弊社ではインターンを経験した方が、そのまま新卒入社したり、転職で戻ってきたりといったことはよくあります。他社製品のタレントマネジメントシステム(カオナビなど)との連携機能はありますが、インターン卒業生のデータを管理するためにも、タレントプール機能があるとさらに使い勝手が上がると思います。

まだまだある!おすすめの採用管理システム

これまで、導入している企業の担当者の方にお話を伺って、おすすめの採用管理システムを紹介してきました。でも、これまで紹介した製品以外にも気になる製品があるという方もいるのではないでしょうか。

そうした方は、改めて編集部おすすめの「採用管理システムの選び方フローチャート」を確認してみましょう。

採用管理システムの選び方フローチャート2

A 中途採用・使いやすさ重視型

担当者のITリテラシーに不安があったり、担当者や作業者の入れ替わりが激しかったりすると、ツールの使いやすさは特に重視するポイントでしょう。ツールを習熟するまでの時間が最小限になるので、詳しいツールマニュアルや研修期間を設けずに済みます。繁忙期に、一部業務の外部委託(アウトソーシング)をする上でも便利です。

【おすすめ製品比較表】

製品名HERP Hire採用一括かんりくん
料金0円から利用可能。採用規模に応じて見積もり2万円/月~
機能の網羅制△※タレントプール機能などはなし
データ分析
LINE連携
運営会社株式会社HERPHR クラウド株式会社
公式サイトhttps://herp.cloud/https://www.career-cloud.asia/

B 中途採用・機能の充実度重視型

近年の採用状況の変化により、求人サイトやエージェントからの紹介、リファラル採用(自社社員推薦)など、候補者はさまざまなところから集まってきます。さらに、ジョブ型採用も増えているので、採用現場のオペレーションは複雑になりがちです。こうした状況の変化にも柔軟に対応するためにも、機能の豊富さは重要なポイントになってきます。

【おすすめ製品比較表】

製品名HRMOS採用
料金要問い合わせ
機能の網羅制
データ分析
LINE連携
運営会社株式会社ビズリーチ
公式サイトhttps://hrmos.co/ats
※料金はすべて税込

C 中途採用・コスト重視型

企業規模や年間採用人数によっては、コストもかけられないことあるでしょう。しかし、採用管理システムを導入すると導入しないとでは、採用現場のオペレーションはまったく違ってきますし、採用力強化にもなります。まずは以下にある高コスパな製品から探してみましょう。

【おすすめ製品比較表】

製品名リクナビ HRTech採用管理ジョブカン採用管理HirehubSHIRAHA
料金無料9350円/月~※無料プランあり無料1万780円~※無料プランあり
機能の網羅制△※外部ツールとの連携などは不可
データ分析△※簡易分析は可能△※簡易分析は可能
LINE連携
運営会社株式会社リクルート株式会社 DONUTSエン・ジャパン株式会社株式会社HAB&Co
公式サイトhttps://hrtech.rikunabi.com/ats/https://ats.jobcan.ne.jp/https://hire-hub.io/https://shiraha.jp/
※料金はすべて税込

D 新卒採用・使いやすさ重視

新卒採用と中途採用はフローが違うため、人事でもチームを分けて行うことが一般的です。このため、これから新卒採用を本格的にスタートする企業は、まず新卒採用チームの構築から始めるでしょう。こうした時、導入する採用管理システムは、使いやすさを重視したものがおすすめ。チームメンバーの経験値が少なくても、採用管理システムが採用業務をサポートしてくれます。

【おすすめ製品比較表】

製品名採用一括かんりくんHR PRIME
料金2万円/月~4万4000円/月~
機能の網羅制△※タレントプール機能などはなし
データ分析
LINE連携
運営会社HR クラウド株式会社株式会社HR PRIME
公式サイトhttps://www.career-cloud.asia/https://www.insource.co.jp/new-service-lineup/hr-prime.html
※料金はすべて税込

E 新卒採用・機能の充実度重視

LINE連携機能はもちろん、細やかな権限管理やチャットツール(SlackやChatworkなど)との連携機能があれば、新卒採用の管理業務はよりスムーズに行えます。これまでの新卒採用の運用体制を踏襲しつつ、より採用力を強化したい企業には、機能の充実度を重視した採用管理システムがおすすめです。

【おすすめ製品比較表】

製品名sonar ATSReworks Cloudi-web
料金要問い合わせ5万円/月~要問い合わせ
機能の網羅制
データ分析
LINE連携
運営会社Thinkings株式会社株式会社リアライブ株式会社ヒューマネージ
公式サイトhttps://sonar-ats.jp/https://www.realive.co.jp/service/reworks/https://www.humanage.co.jp/service/i-web/about_iweb/
※料金はすべて税込

F 新卒採用・コスト重視

新卒採用の現場では必須であるLINE連携機能を搭載しながら、低コストで使える採用管理システムです。採用人数にもよりますが、中小企業であれば低コストの採用管理システムでも十分。無料プランを契約して、運用してコストを抑えることも可能です。

【おすすめ製品比較表】

製品名MOCHICAジョブカン採用管理
料金5500円/月~9350円/月~※無料プランあり
機能の網羅制
データ分析△※簡易分析は可能
LINE連携
運営会社株式会社ネオキャリア株式会社 DONUTS
公式サイトhttps://official.mochica.jp/https://ats.jobcan.ne.jp/
※料金はすべて税込
採用管理システムとはのアイキャッチ

採用管理システムの基礎知識、導入メリットを知りたい方はこちらの記事へ

採用管理システムとは?効率化だけではない導入のメリット

採用管理システム無料のアイキャッチ

無料の採用管理システムについて知りたい方はこちらの記事へ

採用管理システムは無料で導入できる!無料製品を徹底比較

まとめ

採用管理システムは、これからの時代の採用活動においては重要なツールです。導入することで、担当者はオペレーション業務に追われることなく、会社の成長に必要なよりよい人材確保に注力できるようになるでしょう。

これまで紹介してきたおすすめ製品を参考に、ぜひ自社に合うシステムを探してみてください。

上に戻る