小規模企業におすすめ勤怠管理システム14選!無料・有料製品を紹介

人事労務業務を1人で担当している。勤怠管理の負担だけでも減らしたい…
小規模な企業でも使える勤怠管理システムが知りたい

この記事では、小規模な企業でも無理なく導入できるおすすめの勤怠管理システム従業員規模別で紹介します。また、製品選定のポイントについても解説するので、ぜひ参考にしてください。

記事の目次

この記事では、各社勤怠管理システムのサービス紹介資料を無料でダウンロードできます。

さらに、編集部独自調査の「勤怠管理システム15製品の徹底比較表」もセットでダウンロードが可能なので、製品調査、製品比較にぜひお役立てください。

\各社勤怠管理システムの資料+15製品の徹底比較表をまとめてダウンロード/

製品名 マネーフォワードクラウド勤怠 ジョブカン勤怠管理 バイバイタイムカード 勤労の獅子 MINAGINE勤怠管理システム Touch On Time jinjer勤怠 スマレジ・タイムカード KING OF TIME IEYASU ICタイムリコーダー CLOUZA kincone AKASHI TeamSpirit
公式資料
独自比較表

※ この表は横にスクロールできます

勤怠管理システム比較表

編集部独自調査!

勤怠管理システム15製品の徹底比較

勤怠管理システムアイキャッチ

専門家おすすめの勤怠管理システムはこちらで紹介

勤怠管理システム比較19選|プロがすすめるおすすめの選び方も紹介

迷ったらこれ!小規模企業におすすめの勤怠管理システム2選

まずはじめに、小規模企業向けのプランや機能が充実した2製品を紹介します。

どの勤怠管理システムを選べばよいか迷ったら、まずチェックしてみてください。

小〜中規模企業向けプランがある「マネーフォワード クラウド勤怠」

マネーフォワードクラウド勤怠キャプチャ
出典:「マネーフォワード クラウド勤怠」公式サイト https://biz.moneyforward.com/attendance/
マネーフォワード クラウド勤怠
公式サイトURL:https://biz.moneyforward.com/attendance/
運営会社:株式会社マネーフォワード

【料金表】

  スモールビジネスプラン
(小規模企業向け)
ビジネスプラン
(小〜中規模企業向け)
初期費用 無料 無料
月額料金 基本料金 3278円〜
+330円/人(6人目から発生)
基本料金 5478円〜
+330円/人(6人目から発生)
最低利用料金 3278円/月 5478円/月
無料トライアル 1ヶ月 1ヶ月

※料金は税込み

【機能表】

モバイル打刻
ICカード打刻
休暇管理
アラート機能
シフト管理機能
工数管理機能
連携可能な給与計算ソフト マネーフォワード クラウド給与 など

おすすめポイント】

  • 小規模企業向けのスモールビジネスプランがある
  • 設定項目が少なく、はじめての勤怠管理システムを導入する企業でも使いやすい
  • 初期費用無料、1ヶ月の無料トライアルあり
  • 利用人数が5名以下なら、基本料金のみの支払いでOK

勤怠・給与・労務のすべてカバーできる「freee人事労務」 

freee人事労務キャプチャ
出典:「freee人事労務」公式サイト https://www.freee.co.jp/hr/
freee人事労務
公式サイトURL:https://www.freee.co.jp/hr/
運営会社:freee株式会社

【利用料金】

  ミニマム(小規模向け) ベーシック(5人以上向け) プロフェッショナル エンタープライズ
初期費用 無料 無料 無料 無料
月額料金 基本料金2178円~
+330円/人(4人目から発生)
基本料金4928円~
+550円/人(4人目から発生)
基本料金1万208円~+770円/人(4人目から発生) 要問い合わせ
最低利用料金 2178円 4928円

1万208円

無料トライアル 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ

※料金は税込み

【機能表】

モバイル打刻
ICカード打刻
休暇管理
アラート機能
シフト管理機能
工数管理機能
連携可能な給与計算ソフト 要問い合わせ

【おすすめポイント】

  • 給与計算と労務管理の機能も搭載
  • 担当者が人事・労務を兼務している場合に管理がしやすい
  • チャット・メール・電話でサポート
  • 21人以上での利用なら専任担当者が支援

小規模企業向け勤怠管理システムの選ぶ際のチェックポイント

数ある勤怠管理システムのなかから自社にあったものを選ぶためには、どのような点に注意するとよいのでしょうか。

ここでは、小規模の企業が製品を選定する際のポイントについて解説します。

自社の働き方に対応できるか

規模が小さい企業では、パートやアルバイトなど正社員以外の雇用形態で働いている従業員の割合が高くなりがちです。製品によってカバーできる雇用形態の範囲が変わるので、自社の形態に対応できるか必ず確認しましょう。

利用人数や料金に制限はあるか 

勤怠管理システムのなかには、最低利用人数や料金が決まっている製品があります。例えば、最低利用料金が10人分の金額に設定されている製品を、10人未満の企業が契約してしまうと1人あたりのコストが高くなってしまいます。

ほかにも、規定の人数以下なら無料プランが利用ができる製品などもあるため、検討の際には製品やプランの利用人数に制限があるかチェックしましょう。

給与計算と連携できるか 

給与計算は勤怠管理のデータをもとに行います。既に導入している給与計算ソフトがある場合には、そのソフトとデータ連携がしやすい製品を選ぶと便利です。

ただし、データ連携が可能な場合でも、勤怠データをシームレスに共有できるケースと、一旦CSV形式で取り出し加工しなくてはいけないケースがあるため、連携方法についても詳しく確認するようにしましょう。

勤怠管理以外に何の機能があるか 

製品によっては給与計算や労務管理の機能を備えている場合があります。

給与計算ソフトや労務管理システムをまだ導入していない企業なら、先を見据えて多機能な勤怠管理システムで一元管理するのも1つの方法です。

従業員からすればシステムごとにパスワードを覚えたり、ログインしたり必要がなくなりますし、管理者にとっては導入作業やデータ管理の工数が減らせます。支払いが1つにまとめられるので、経理業務の負担削減にもつながるでしょう。

規定の人数以下なら無料プランが利用できる小規模向け勤怠管理システム4選

ここからは、編集部がセレクトした勤怠管理システムを紹介していきます。

まずは、規定の人数以下ならお得な無料プランが利用できる4製品です。

【料金比較表】

  スマレジ・タイムカード ジョブカン勤怠管理 フリーウェイタイムレコーダー OFFICE CLOCK
無料プランの利用人数制限 30人まで 10人まで 10人まで 10人まで
初期費用 無料 無料 無料 無料
有料プランの月額料金 1100円〜 2200円〜 2178円〜 要問い合わせ
無料トライアル 60日間 30日間 要問い合わせ

※料金は税込み

【機能比較表】

  スマレジ・タイムカード ジョブカン勤怠管理 フリーウェイタイムレコーダー OFFICE CLOCK
モバイル打刻
ICカード打刻
休暇管理 ◯(プレミアムプラン以上)
アラート機能 ◯(プレミアムプラン以上)
シフト管理機能 ◯(プレミアムプラン以上)
工数管理機能
連携可能な給与計算ソフト freee人事労務
マネーフォワード クラウド給与
弥生給与 など
ジョブカン給与計算 など フリーウェイ給与など ー(給与計算機能あり)

【30人まで無料】サポートが充実している「スマレジ・タイムカード」

スマレジ・タイムカードキャプチャ
出典:「スマレジ・タイムカード」公式サイト https://timecard.smaregi.jp/
スマレジ・タイムカード
公式サイトURL:https://timecard.smaregi.jp/
運営会社:株式会社スマレジ

【利用料金】

  スタンダード無料 スタンダード有料 プレミアム エンタープライズ
初期費用 無料 無料 無料 無料
月額料金 無料 基本料金1100円+110円/人(31人目から発生) 基本料金2200円+330円/人(11人目から発生) 6600円(ユーザー10人)+660円/人(11人目から発生)
最低人数・利用料金 30人まで 31人以上1100円〜/月 2200円〜/月 6600円/月
無料トライアル 60日間 60日間 60日間 60日間

※料金は税込み

【機能表】

モバイル打刻
ICカード打刻
休暇管理 ◯(プレミアムプラン以上)
アラート機能 ◯(プレミアムプラン以上)
シフト管理機能 ◯(プレミアムプラン以上)
工数管理機能
連携可能な給与計算ソフト freee人事労務
マネーフォワード クラウド給与
弥生給与 など

製品の特徴】

  • 30人まで無料プランが利用可能
  • アカウント作成後60日間、すべての機能が無料で利用できる
  • 給与計算や年末調整なども行える
  • パスコード・写真撮影・GPS機能により不正打刻を防止

スマレジ・タイムカードは、給与計算や年末調整、プロジェクト管理、マイナンバー管理なども行える多機能な勤怠管理システムです。

機能範囲に応じて3つのプランが用意されており、30人までならスタンダードプランが無料で利用できます。ただし、休暇管理、アラート、給与計算、年末調整などの機能が制限されるので注意が必要です。

60日間の無料トライアルが用意されており、すべての機能が利用できます。使用感を確かめてから、自社に合ったプランを検討してみるとよいでしょう。

【10人まで無料】必要な機能だけをカスタマイズできる「ジョブカン勤怠管理」 

ジョブカン勤怠管理キャプチャ
出典:「ジョブカン勤怠管理」公式サイト https://jobcan.ne.jp/
ジョブカン勤怠管理
公式サイトURL:https://jobcan.ne.jp/
運営会社:株式会社 DONUTS

【料金表】

  無料プラン 有料プラン
初期費用 無料 無料
月額料金 無料 220円〜/人
最低利用料金 2200円/月
無料トライアル 30日間 30日間

※料金は税込み

【機能表】

モバイル打刻
ICカード打刻
休暇管理
アラート機能
シフト管理機能
工数管理機能
連携可能な給与計算ソフト ジョブカン給与計算など

製品の特徴】

  • 必要な勤怠管理機能を組み合わせて利用できる
  • LINEやSlackなどのチャットツールから打刻が可能
  • 管理画面に表示する項目をカスタマイズできる
  • 10人まで無料プランが利用できる

出勤管理、休暇管理、シフト管理、工数管理から必要な機能を選んで契約できるので、コストを最小限に抑えて運用できます。

管理画面は、必要な管理項目だけを表示するようにカスタマイズ可能。LINEやSlackからも打刻が行えて便利です。

10人までなら無料のプランを契約できます。データの保存期間が30日間に限定されたり、ジョブカンシリーズの製品とAPI連携ができないなどの制限がありますが、勤怠管理に必要な基本機能は利用可能です。

有料プランは1人月額220円、最低利用料金が月額2200円(ともに税込み)と設定されているため、10人未満だとコストがかさんでしまいます。

導入企業の口コミからわかる評判

Q導入の背景を教えてください。

元々勤怠管理をきちんと行えておらず、従業員の勤務時間などが可視化できていませんでした

ちょうど会社が上場予定なこともあり、勤怠管理をクラウド化して勤怠管理を効率化・可視化しようとして見つけた製品がジョブカン勤怠管理でした。

Qジョブカン勤怠管理のいい点を教えてください。

画面がごちゃごちゃしておらずシンプルなので、従業員が使いやすいことが一番の決め手でした。また、労務側(管理側)の管理画面も使いやすく、管理部の人からも好評でした。

弊社として便利だったのは、休憩が2回以上入れられることです。1日に2回勤怠打刻が可能なので複雑な勤務携帯をとっている従業員にも対応できました。カスタマイズ性は高いと感じます。

さらに、指定の時間以上休憩したら退勤扱いにできるといった機能があり、とてもありがたいです。打刻漏れが減りました。

Qジョブカン勤怠管理の不満に感じる点を教えてください。

海外出張の際、海外のタイムゾーンに対応していないため、時差の計算が大変でした。また、9時とか18時になるとアクセスがたまに遅くなることがあり、不便に感じることがあります。

(観光業、従業員数20人程度)

【10人まで無料】無料プランと有料プランで機能がほとんど変わらない「フリーウェイタイムレコーダー」

フリーウェイタイムレコーダーキャプチャ
出典:「フリーウェイタイムレコーダー」公式サイト https://freeway-timerecorder.com/
フリーウェイタイムレコーダー
公式サイトURL:https://freeway-timerecorder.com/
運営会社:株式会社フリーウェイジャパン

【利用料金】

  無料プラン 有料プラン
初期費用 無料 無料
月額料金 無料 2178円
最低利用人数・料金 10人まで 2178円/月
無料トライアル

※料金は税込み

【機能表】

モバイル打刻
ICカード打刻
休暇管理
アラート機能
シフト管理機能
工数管理機能
連携可能な給与計算ソフト フリーウェイ給与計算

【製品の特徴】

  • 10人までなら永久無料
  • 無料プランでも有料プランと使える機能がほぼ変わらない
  • 拠点ごとに複数の管理者を設置して運用可能

ICカードとWebブラウザの2種類の打刻方法に対応。ブラウザ打刻なら手持ちのパソコンやスマホが使えるので機器代を抑えられます。

10人以下なら無料プランが利用可能です。操作サポートが受けられませんが、使える機能は有料プランとほとんど変わりません。ただし、有料プランでも申請・承認や有給休暇管理などの機能が備わっておらず、また、フレックス制などの勤務形態には対応できないため注意が必要です。

【10人まで無料】LINEから打刻ができる「OFFICE CLOCK」

OFFICE CLOCKキャプチャ
出典:「OFFICE CLOCK」公式サイト https://officeclock.work/
OFFICE CLOCK
公式サイト:https://officeclock.work/
運営会社:OH MY GOD 合同会社

【料金表】

  Free Standard
初期費用 無料 無料
月額料金 無料 2178円
人数制限 10人まで 10人以上
無料トライアル 要問い合わせ 要問い合わせ

※料金は税込み

【機能表】

モバイル打刻
ICカード打刻
休暇管理
アラート機能
シフト管理機能
工数管理機能
連携可能な給与計算ソフト ー(給与計算機能あり)

製品の特徴

  • 10人まで無料で利用可能
  • LINE上から打刻や勤務表の確認ができる
  • 勤務表・日報・給与計算の機能を搭載

OFFICE CLOCKは、LINEのタイムライン上から打刻、勤怠の登録や勤務表の確認ができるのが特徴です。

有給休暇管理やアラート機能などは備わっていませんが、10人までなら無料で利用できるので、社員が少なく、とりあえず勤務時間の管理のみできればよい企業であれば、選択肢の1つになるでしょう。

 1人から利用可能!小規模企業向け勤怠管理システム3選

ここでは、最低利用人数の制限がなく、1人からでも利用できる勤怠管理システムを3製品を紹介します。

【料金比較表】

  IEYASU CLOUZA KING OF TIME
初期費用 無料 無料 無料
月額料金 4180円〜(無料プランもあり) 220円/月 330円/人
最低利用人数・料金 有料プランは利用人数に制限あり
無料トライアル 要問い合わせ 30日間(5人まで) 30日間

※料金は税込み

【製品比較表】

  IEYASU CLOUZA KING OF TIME
モバイル打刻
ICカード打刻
休暇管理
アラート機能
シフト管理機能
工数管理機能
連携可能な給与計算ソフト freee人事労務
マネーフォワード クラウド給与 など
弥生給与
PCA給与
給与奉行 など
freee人事労務
マネーフォワード クラウド給与
弥生給与 など

人数に制限なく無料プランが利用できる「IEYASU」

IEYASUキャプチャ
出典:「IEYASU」公式サイト https://www.ieyasu.co/
IEYASU
公式サイトURL:https://www.ieyasu.co/
運営会社:IEYASU株式会社

【利用料金】

プラン フリー ベーシックS ベーシックM エンタープライズS エンタープライズM
初期費用 無料 無料 無料 無料 無料
月額料金 無料 4180円〜 1万780円〜 3万2780円〜 6万5780円〜
最低利用人数 無制限 39人まで 149人まで 499人まで 999人まで
無料トライアル 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ

※料金は税込み

【機能表】

モバイル打刻
ICカード打刻
休暇管理
アラート機能
シフト管理機能
工数管理機能
連携可能な給与計算ソフト freee人事労務
マネーフォワード クラウド給与 など

製品の特徴】

  • 無料プランの利用人数に制限がない
  • 打刻画面がシンプルでミスが起こりにくい
  • 自社の就業規則に合わせて業務時間の設定ができる

IEYASUには無料で利用できるプランがあります。勤怠データの保存が1年間に限定されたり、有給休暇の自動付与ができなかったりと、一部の機能に制限がありますが、利用人数や利用期間には制限がありません

打刻画面はミスが起こりにくいUIになっており、勤怠状況をグラフや表でビジュアル化するレポート画面も見やすいので、はじめて勤怠管理システムを導入する企業にもおすすめです。

無料の勤怠管理システムについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

無料の勤怠管理システムアイキャッチ

無料の勤怠管理システムはこちらの記事で紹介

無料のクラウド勤怠管理システムはどれ?おすすめ19選を比較

月内の打刻人数に応じて課金される「CLOUZA」

CLOUZAキャプチャ
出典:「CLOUZA」公式サイト https://clouza.jp/
CLOUZA
公式サイトURL:https://clouza.jp/
運営会社:アマノ株式会社

【料金表】

初期費用 無料
月額料金 220円/人
人数制限
無料トライアル 30日間

※料金は税込み

【機能表】

モバイル打刻
ICカード打刻
休暇管理
アラート機能
シフト管理機能
工数管理機能
連携可能な給与計算ソフト 弥生給与
PCA給与
給与奉行 など

製品の特徴

  • 月内の打刻人数に応じて課金されるため、無駄なコストが発生しにくい
  • 利用人数の上限が500人
  • シフトパターンを99種類まで登録できる

CLOUZAは、利用料金がその月に打刻した人数で決まるので、人の入れ替わりが多いスタートアップやベンチャー企業などでも無駄なコストが発生しにくい料金体系になっています。

シフトのパターンは99通りまで登録が可能。部署やチームによって勤務パターンが変わる場合にも対応可能です。

1人から利用できるものの、最大500人までと上限があるため、大手企業には向きません。

変形労働やフレックス勤務などにも楽々対応「KING OF TIME」

KING OF TIMEキャプチャ
出典:「KING OF TIME」公式サイト https://www.kingoftime.jp/
KING OF TIME
公式サイトURL:https://www.kingoftime.jp/
運営会社:株式会社ヒューマンテクノロジーズ

【料金表】

初期費用 無料
月額料金 330円/人
人数制限
無料トライアル 30日間

※料金は税込み

【機能表】

モバイル打刻
ICカード打刻
休暇管理
アラート機能
シフト管理機能
工数管理機能
連携可能な給与計算ソフト freee人事労務
弥生給与
マネーフォワード クラウド給与 など

製品の特徴

  • 機能数が多く、変形労働制やフレックス制など多様な勤務形態に対応
  • 雇用形態ごとに就業ルールを設定し、勤務時間を集計可能
  • 連携可能な給与計算ソフトが多い

累計3万社以上の導入実績がある勤怠管理システムです。

残業管理やシフト管理、申請承認ワークフローなど機能が豊富で、変形労働やフレックス制にも対応しています。また、雇用形態ごとに就業ルールを設定可能なので、業界業種や企業規模を問わない製品です。法改正にも順次対応しているので管理者側も安心して勤怠管理ができます。

打刻方法はスマホやICカードなど18種類用意されており、勤務形式にあわせて都合のよいものを選択できます。

連携可能な給与計算ソフトが多いのも特徴で、すでに導入しているシステムと連携できれば、担当者の負担削減・効率化につながります。

【10人以上】小規模企業向け勤怠管理システム4選

次に、10人以上での利用を考えている企業向けの勤怠管理システムを紹介します。

ここで紹介している製品は、最低利用料金が設定されており、10人未満で契約するとコストがかさんでしまう場合があるので注意してください。

【料金比較表】

  マネーフォワードクラウド勤怠 AKASHI シュキーン freee人事労務
初期費用 無料 無料 無料 無料
月額料金 基本料金 3278円〜
+330円/人(6人目から発生)
220円〜/人 220円/人 基本料金2178円~
+330円〜/人(4人目から発生)
最低利用人数・料金 3278円〜/月 2200円〜/月 2200円〜/月 2178円〜/月
無料トライアル 1ヶ月間 30日間 最大2ヶ月間 要問い合わせ

【機能比較表】

  マネーフォワードクラウド勤怠 AKASHI シュキーン freee人事労務
モバイル打刻
ICカード打刻
休暇管理
アラート機能
シフト管理機能 ◯(プレミアムプランのみ)
工数管理機能 ◯(プレミアムプランのみ)
連携可能な給与計算ソフト マネーフォワード クラウド給与 など マネーフォワード クラウド給与
給与奉行 など
マネーフォワード クラウド給与
freee人事労務 など
要問い合わせ

小〜中小規模向け専用プランあり「マネーフォワード クラウド勤怠」

マネーフォワード クラウド勤怠キャプチャ
出典:「マネーフォワード クラウド勤怠」公式サイト https://biz.moneyforward.com/attendance/
マネーフォワード クラウド勤怠
公式サイトURL:https://biz.moneyforward.com/attendance/
運営会社:株式会社マネーフォワード

【料金表】

  スモールビジネスプラン
(小規模企業向け)
ビジネスプラン
(小〜中規模企業向け)
初期費用 無料 無料
月額料金 基本料金 3278円〜
+330円/人(6人目から発生)
基本料金 5478円〜
+330円/人(6人目から発生)
最低利用料金 3278円/月 5478円/月
無料トライアル 1ヶ月 1ヶ月

【機能表】

モバイル打刻
ICカード打刻
休暇管理
アラート機能
シフト管理機能
工数管理機能
連携可能な給与計算ソフト マネーフォワードクラウド給与 など

製品の特徴】

  • 30人以下の企業向けのプランが用意されている
  • 勤怠管理に必要な機能は一通り網羅
  • 設定項目が少なく、はじめて勤怠管理システムを導入する企業でも使いやすい

マネーフォワード クラウド勤怠には、30人以下の小規模向けプランがあります

勤怠管理・休暇管理・アラート・ワークフローなど、勤怠管理の必要な機能を網羅し、多様な雇用形態にも対応できます。

「マネーフォワード クラウド給与」や「マネーフォワード クラウド人事管理」とは、シームレスでデータ連携が可能。給与計算ソフトや労務管理システムを検討している場合には、シリーズ製品でそろえるのも手でしょう。

設定項目が少ないので管理者の負担が少なく、チャットやメールでのサポート体制も整っているため、初めて勤怠管理システムを導入する企業にもおすすめです。

テレワーク機能で従業員の勤務状況を見える化「AKASHI」

AKASHIキャプチャ
出典:「AKASHI」公式サイト https://ak4.jp/
AKASHI
公式サイトURL:https://ak4.jp
運営会社:ソニービズネットワークス株式会社

【料金表】

  タイムレコーダー スタンダード プレミアム
初期費用 無料 無料 無料
月額料金 220円/人 330円/人 440円/人
最低利用料金 2200円/月 3300円/月 4400円/月
無料トライアル 30日間 30日間 30日間

※料金は税込み

【機能表】

モバイル打刻
ICカード打刻
休暇管理
アラート機能
シフト管理機能 ◯(プレミアムプランのみ)
工数管理機能 ◯(プレミアムプランのみ)
連携可能な給与計算ソフト マネーフォワード クラウド給与
給与奉行 など

製品の特徴】

  • どのプランにも最低利用料金が設定されている
  • テレワークでの勤怠状況も把握可能

3つのプランが用意されており、タイムレコーダープランは1人あたり月額220円で利用できます。ただし、どのプランも最低利用料金が設定されているので、10人未満の企業は特に注意が必要です。

テレワークにおける従業員の勤怠状況をリアルタイムで確認できる「テレワーク機能」機能がオプションで利用できます。さらに、36協定で定められた労働時間を超えた場合はアラート通知が届くなど、労働基準法に準拠した設計になっているため、リモートワークを取り入れている企業にもおすすめです。

親端末の横を通るだけで打刻が完了「シュキーン」

シュキーンキャプチャ
出典:「シュキーン」公式サイト https://www.shukiin.com/
シュキーン
公式サイトURL:https://www.shukiin.com/
運営会社:式会社インフィニットループ

【利用料金】

初期費用 無料
月額料金 220円/人
最低利用料金 2200円/月
無料トライアル 最大2ヶ月間

※料金は税込み

【機能表】

モバイル打刻
ICカード打刻
休暇管理
アラート機能
シフト管理機能
工数管理機能
連携可能な給与計算ソフト マネーフォワード クラウド給与

製品の特徴】

  • 無料トライアル期間が最大2ヶ月間
  • 期間中はすべての機能が試用できる
  • スマホを持って端末の近くを通過するだけで打刻ができる
  • その月に打刻した人数分のみ課金される

専用のアプリをダウンロードしたスマホを持って、端末付近を通過するだけで打刻ができます。わざわざICカードをかざしたり、スマホを取り出して操作したりする必要がなく、打刻忘れも防げます。

料金は月内の打刻人数に応じて請求されます。そのため、産休・育休などで休暇中の従業員の費用はかかりません。

給与計算から年末調整までこれひとつ「freee人事労務」

freee人事労務キャプチャ
出典:「freee人事労務」公式サイト https://www.freee.co.jp/hr/
freee人事労務
公式サイトURL:https://www.freee.co.jp/hr/
運営会社:freee株式会社

【利用料金】

  ミニマム(小規模向け) ベーシック(5人以上向け) プロフェッショナル エンタープライズ
初期費用 無料 無料 無料 無料
月額料金 基本料金2178円~
+330円/人(4人目から発生)
基本料金4928円~
+550円/人(4人目から発生)
基本料金1万208円~+770円/人(4人目から発生) 要問い合わせ
最低利用料金 2178円 4928円 1万208円
無料トライアル 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ

【機能表】

モバイル打刻
ICカード打刻
休暇管理
アラート機能
シフト管理機能
工数管理機能
連携可能な給与計算ソフト 要問い合わせ

製品の特徴】

  • 勤怠管理のほかに、給与計算や労務管理の機能を搭載
  • 担当者が1人で人事・労務を兼務している場合に管理がしやすい
  • LINE WORKSやSlackから打刻できる

勤怠管理だけではなく、給与計算・給与明細・年末調整・ワークフロー・従業員管理などの機能が備わっており、人事労務の業務を幅広くカバーできる製品です。

小規模の企業では、1人でバックオフィス業務をすべて担当しているケースも少なくありません。freee人事労務は、勤怠、給与、労務をカバーできるので、担当者の管理作業の負担を減らます。従業員にとっても、システムごとに操作方法を覚えたり、ログインしたりする手間が省けるのはメリットです。

また、LINE WORKSやSlackなどのチャットツールと連携し打刻が行えるのも特徴です。

【30人以上】小規模企業向け勤怠管理システム2選比較

30人以上での利用を検討しているなら、次の2製品もチェックしてみましょう。

【料金較表】

  レコル Time-R
初期費用 無料 1万1000円〜
月額料金 110円〜/人 110円〜/人
最低利用人数・料金 3300円〜/月 3300円〜/月
無料トライアル 30日間 30日間

【機能比較表】

  レコル Time-R
モバイル打刻
ICカード打刻
休暇管理
アラート機能
シフト管理機能
工数管理機能
連携可能な給与計算ソフト マネーフォワード クラウド給与
freee人事労務 など
要問い合わせ

勤務分析機能で残業の多い従業員や部署を管理「レコル」

レコルキャプチャ
出典:「レコル」公式サイト https://www.recoru.in/
レコル
公式サイトURL:ttps://www.recoru.in/
運営会社:中央システム株式会社

【利用料金】

初期費用 無料
月額料金 110円/人
最低利用料金 3300円〜/月
無料トライアル 30日間

【機能表】

モバイル打刻
ICカード打刻
休暇管理
アラート機能
シフト管理機能
工数管理機能
連携可能な給与計算ソフト マネーフォワード クラウド給与
freee人事労務 など

製品の特徴】

  • 最低月額料金が3300円
  • 勤怠分析機能で、残業時間の多い従業員や部署を見える化
  • 生体認証機能で不正打刻を防止

勤怠管理・外部連携・承認機能などの機能を搭載。従業員や部署ごとに勤怠分析が行えるので、残業時間の削減対策にも役立ちます。生体認証での打刻にも対応しているため、なりすましなどの不正防止にも効果的です。

1人あたり月額110円とお手頃な料金設定になっています。ただし、月額最低利用料金が3300円(税込み)のため、30人以下での利用だと1人あたりのコストが高くなってしまいます。

打刻と同時にアンケートを実施できる「Time-R」

Time-Rキャプチャ
出典:「Time-R」公式サイト https://www.time-r.com/
Time-R
公式サイトURL:https://www.time-r.com/
運営会社:グリーン株式会社

【利用料金】

  Time-Rエントリー Time-Rスタンダード Time-R PLUS Time-R Alpha
初期費用 1万1000円 1万1000円 3万3000円 88万〜385万円
月額料金 3300円 1万1000円+110円/人(101人目から課金) 1万1000円+220円/人(51人目から課金) 3万3000円+110円/人(301人目から課金)
最低利用人数 30人まで
無料トライアル 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ 要問い合わせ

【製品紹介】

モバイル打刻
ICカード打刻
休暇管理
アラート機能
シフト管理機能
工数管理機能
連携可能な給与計算ソフト 要問い合わせ

製品の特徴】

  • GPS機能で不正打刻を防止
  • テレワークや出先での打刻にも対応
  • 打刻画面でアンケートやお知らせを設置できる

Time-Rは、打刻画面やマイページにアンケートやお知らせを設置することができます。社内イベントなどの情報共有、弁当の発注や懇親会への出欠確認などの際に便利です。

タブレットやスマホから打刻ではGPS情報も同時に記録できるので、不正打刻の防止にも効果的です。

【50人以上】小規模企業向け勤怠管理システム

最後に、従業員数が50人以上の企業にもおすすめの製品を紹介します。

年間払いで2ヶ月分の料金がタダの低コストが魅力「アテンリー」

アテンリーキャプチャ
出典:「アテンリー」公式サイト https://attenly.net/
アテンリー
公式サイトURL:https://attenly.net/
運営会社:フューチャー・アンティークス株式会社

【利用料金】

  ベーシック プレミアム
初期費用 無料 無料
月額料金 1~50人:5500円
51~100人:1万1000円
101~150人:1万6500円
151~200人:2万2000円
201~250人:2万7500円
251~300人:3万3000円
1~50人:1万1000円
51~100人:2万2000円
101~150人:3万3000円
151~200人:4万4000円
201~250人:5万5000円
251~300人:6万6000円
最低利用料金 5500円/月 1万1000円/月
無料トライアル 30日間 30日間

【製品紹介】

モバイル打刻
ICカード打刻
休暇管理
アラート機能
シフト管理機能
工数管理機能
連携可能な給与計算ソフト 要問い合わせ

製品の特徴】

  • 年間払いで2ヶ月間分の利用料が無料
  • 低コストで導入可能
  • 専用端末の顔認証打刻では体温チェックも可能

小規模企業でも低コストで導入しやすい製品です。年払いなら2ヶ月分の料金がタダ。ペーシックプランを50人で利用した場合、年払いだと1ヶ月あたり1人92円(税込み)しかかかりません。

低コストですが、有給休暇管理、交通費計算、シフト管理、承認フロー、残業アラートなどの機能が利用可能です。また、顔認証システムでは打刻に加えて体温チェックもできるので、従業員の体調管理にも効果的です。

まとめ 

勤怠管理システムには、小規模企業向けのお得なプランが用意されている製品があります。反対に、最低利用料金が決められており、少人数での利用だと1人あたりのコストが高くなってしまうものもあるので、よく確認するようにしましょう。

この記事で紹介した製品や選び方のポイントなどを参考に、自社の条件に合った製品を検討してみてください。

ニーズ別勤怠管理システムの紹介

製造業向け勤怠管理システム

製造業向けの勤怠管理システムはこちらの記事で紹介

製造業におすすめの勤怠管理システム13選!選び方・メリットも解説

運送業向け勤怠管理システム

運送業向けの勤怠管理システムはこちらの記事で紹介

運送業におすすめの勤怠管理システムは?9製品を機能別比較

テレワーク向け勤怠管理システム

テレワーク向けの勤怠管理システムはこちらの記事で紹介

テレワーク対応の勤怠管理システムのおすすめは?課題別に9製品を紹介

アプリが使える勤怠管理システム

アプリが使える勤怠管理システムはこちらの記事で紹介

アプリが使える勤怠管理システム11選を対応OS別に紹介!無料製品あり

上に戻る